支部横断企画

日本音楽学会企画委員会

2022年度は、第2期に2件の応募があり、下記の通り採択しました。
※2023年度以降の企画募集につきましては後日ご連絡します。

2022年度第2期採択

「スタイル&アイデア:作曲考」第一回作品演奏会+シンポジウム

企画代表|原塁(西日本支部)
日時|2022年12月24日(土)14:00開演(13:30開場)
場所|トーキョーコンサーツ・ラボ(東京都新宿区西早稲田2-3-18)
演奏作品|
灰街 令:De-S/N_T/S——ピアノとモジュラーシンセサイザーのための(新作初演)
山﨑燈里:黒い帯
Camille Kiku Belair:Book Piece
桑原ゆう:落下する時間とき(委嘱初演)
辻田絢菜:メタルチューブワーム(委嘱初演)
*プログラムは変更となる可能性があります。ご了承ください。
出演|
坂本光太(チューバ) 八木友花里(ヴィブラフォン) 灰街 令(ピアノ、シンセサイザー)

チケット料金:一般 3,000円、学生 1,500円
チケット予約:https://forms.gle/DnW7nyJyJgtUPgpQ9
*代金は当日受付にてお支払いください。

終演後、シンポジウム開催
題目|原塁「作曲行為をめぐるドキュメンテーションの(不)可能性」
共同討議(桑原ゆう、辻田絢菜、小島広之、坂本光太、西村聡美、原塁、八木友花里)

*詳細については下記のサイトをご覧ください。
https://styleandidea.com/2022/08/20/concert01


シンポジウム&コンサート「近代日本と西洋音楽理論」

企画代表|仲辻真帆(東日本支部)
日時|2023年3月19日(日)10時~
於|東京藝術大学(5-109教室)
*会場アクセス 上野駅公園口・鶯谷駅下車徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅下車徒歩15分、京成電鉄京成上野駅下車徒歩15分

シンポジウム(近代日本と西洋音楽理論――超領域的展開の試み)
*パネリスト(発言順):
仲辻真帆(コーディネーター、東日本支部)「東京音楽学校における西洋音楽理論受容」
竹内 直(西日本支部)「『在野』作曲家の音楽語法形成―早坂文雄を例として」
西田紘子(コーディネーター、西日本支部)「フーゴー・リーマン周辺にみる日独の音楽理論交流」
新居洋子(非会員)「中国知識人における西洋音楽理論と『中国音楽』」
* コメンテーター:塚原康子(東日本支部)

ミニコンサート
曲目|信時潔、早坂文雄ほか
演奏者|松岡あさひ(ピアノ) 松岡多恵(ソプラノ)

*関連企画として午後に国際シンポジウムの開催あり。

*お申し込み(Application form)[参加無料/要事前登録]:https://forms.gle/LNmFZEb6weMwudBNA
*お申し込み締切:2023年3月17日(金)17時

*チラシは以下リンク先からご覧ください。
https://musicology-japan.org/activity/20230319project_symposium.pdf


過去の企画